ゲームのことしか書かないブログ

レビュー:ダークソウル2

ダークソウル2
カブ通レビュー:85点

ゆっくりペース(という名のへっぴり腰プレイ)で進めてようやく1周目をクリアできたのでレビューします。

Good

  • 相変わらずの高難易度
  • 高まったコミュニケーションシステム
  • 全体的なボリューム感の向上
  • ソウルの器による育成自由度の向上
  • たいまつ

Bad

  • システム面の不具合感(VerUPで改善見込める)
  • 闇霊侵入がしにくくなった
  • 「腐れ谷」系マップのパンチの薄さ
  • ウンコ棒(ラージクラブ)からウンコ(毒)がなくなった

感想

従来のファンであれば間違いなく楽しめます。
相変わらずストーリーもあるようで無く、フロムお得意のストーリーの推測をユーザに委ねる形なので、合わない人にはとことん合わないのも従来通りです。

難易度に関しては相変わらずのシビれるバランスで、慎重に進まなければ何事も死に繋がるのでジリジリ探索していく面白さがあります。

前作以上に細かいスパンでエリアが分かれている感があり、一つ一つのエリアは短くなっている感もありますがレパートリーは増え、結果としてボスも増えています。

装備の種類や魔法の種類、誓約も増えたことで戦術や楽しみ方も増えており、体感的にボリュームがだいぶ増えたように感じます。

たいまつが良い

今作はマップがどこもかしこも暗く、前作の巨人墓地ほどの完全な闇というわけではないですが、足元不注意で落下死することなんてザラです。そこで今作はアイテムから独立したシステムのようになっている「たいまつ」が存在します。

篝火から火を点けて暗いダンジョンを照らしながら進むのはなかなか冒険感があって楽しいのですが、当然たいまつを持つ片腕が埋まります。すぐに盾などに持ち替えることもできますが、たいまつをしまうと火は消えてしまいます。着火には篝火まで戻るか限られたアイテムを使う必要があるので、火を維持するか守りを重視するかといった選択が発生します。

たいまつ自体も制限時間型の消耗品で、ゲーム1周での数が限られているぽいので無駄に点け続けるわけにもいかず、必要な時だけ使い、場合によってはすぐしまうといったサバイバル感ある判断が楽しめます。

たいまつ自体は使わなくても何とかなるし地味なシステムかも知れませんが、たいまつを持つことで安堵感を得て暗闇の恐怖も和らいだので、火の光って偉大だなぁとしみじみ思ったり。

こういう小さいアイテムで雰囲気や取捨選択を味わえるのは結構好きです。

初代「腐れ谷」は偉大

今回の腐れ谷系マップは「クズ底」~「黒渓谷」だと思いますが、正直パンチに欠けました。

毒々しさや汚らしさなどからくる生理的嫌悪感がクズ底にはイマイチ無く、暗いので足元に注意しなきゃという意識の方が上でした。クズ底って割にはクズ感がさほどなく、底もただの岩肌だったので高所の恐怖だけでした。 

初代腐れ谷はまず名前のインパクトが異常ですし、不安定な高所を進んだり毒沼に足を取られながら進んだり、瘴気にやられた亡者や巨大ナメクジ、壁を這う無数の虫など徹底的に嫌悪感を突いてきて、終点でプレイヤーに罪悪感と疑問まで植え付けて終わるという名マップでした。
(腐れ谷3に入った瞬間耳に入る、これまでと異質な悲壮感と葛藤を感じさせるBGMがかなり好きだった)

初代は嫌悪感で腐れ谷、恐怖感でラトリアに軍配が上がります。

前作の「最下層」~「病み村」も、最下層の下水の嫌悪感&バジリスクの石化や貪食ドラゴンのインパクトが強烈で、病み村は腐れ谷同様の高所毒沼に巨大ヒルと巨大蚊、さらにはウンコを投げつけられるうえ脳筋ファイナルウェポンのウンコ棒(ラージクラブ)もあるなど思い出いっぱいです。

これ以上はただの懐古になりそうですが、一番嫌悪感を突いてきそうな肝所で今回は「あれっ?」ていう物足りなさを感じたのは残念でした。

闇霊をもっとしやすく

今作はとにかく闇霊がしにくいです。
というかクリアまでに闇霊に2回しか侵入されませんでした。

侵入するためのアイテムが消費アイテムなうえ、手に入れるためには闇霊誓約者同士で戦わなければならないので手間が大きいです。闇霊はね、真っ向勝負を望んでるわけではなくて不測の事態を与えたり与えられたりというドッキリシチュエーションを楽しみたいのですよ。

初心者救済の意味が大きいのだと思いますが、闇霊侵入が少ないため結果的に「青の守護者」の誓約もまともに機能していると思えないので、そのうちアップデートで無限侵入アイテムを出してくれないかな~と願ってます。

総評

85点としたのは、根本的には初代デモンズソウルの頃からの焼き増しのシステムなので、正直このシステム自体に少し飽きが来たというのがありますが、良作点ギリギリの80点よりは面白いし、新鮮味は薄くやや足りない点もあるので90点には至りかねるという評価です。

フロムのシリーズ作ならではの安定した面白さは確実にあるし、今後もアップデートでの改善やDLCも出ると思われるので評価は上がっていくゲームだと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2017 Agnist.game