ゲームのことしか書かないブログ

悲しき福音

悲しい事故が起きた。
あまりにも悲しい事故だった。

このような悲しみを背負うのは俺一人で充分だと思い、俺は神(PSO2運営チーム)へ吠えた(意見を投げた)。

PSO2開発チームの皆様、日頃の開発・運営ありがとうございます。

先日Ship6で発生した砂漠の緊急クエストにて、時間いっぱいまでエネミーを狩り続けるという、ありふれたプレイを楽しんでいました。

そんな中、クエスト終了1分前程度でPSEバーストと砂嵐が同時に発生し、視界の悪い中ギリギリまで大量のエネミーを処理していたところ、「チロリロン」とPSO2プレイヤーならば誰しも歓喜の声を上げずにはいられない福音が鳴り響いたのですが、いかんせん視界が悪くどこに落ちたかも分からず、攻撃を止め回収せんと走り回りました。

そして、赤い箱をラスト1秒で視界に捉え、ロデオドライブで急接近を図るも、あえなくクエスト終了の強制送還となってしまいました。

その心境たるや自分の顔に照英コラを行いたくなるレベルでした。

このような悲しい思いをするのは私一人で充分です。
この惨劇が他の人にも繰り返し起こることのないよう、強制送還を無くすか、もしくは1分程度の猶予があればと思います。

どうか何卒、善処して頂けますと幸いです。

※原文ママ。

願わくば、あの箱がSSPNランチャーではなかったことと思いたい。ブラオレットだったと思いたい。
全てのPSO2プレイヤーに幸あれ。

こんな顔になった

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 Agnist.game