ゲームのことしか書かないブログ

2012年エンターテイメントを振り返る

今年一年を振り返って、自分がグッときたエンタメコンテンツをまとめてみました。
ゲーム専用ブログではありますが、一応ゲーム比率が一番高いのでそこはご容赦いただければ…!

アーマードコアV

あえて公式PVでなくお気に入りのMADの方を貼ってますが(ニコ動で今年一番お気に入りのMADでもある)

従来のロボゲーとしてほぼ完成し究極を迎えてしていた、ある意味停滞していたとも言えるACを、システム一新してきた意欲作であり、自分はその方向転換は高く評価しているのですが、1年以上の発売延期をしたにも関わらずいかんせんボリュームが薄すぎたのが痛かったです。

フロム脳をこじらせている連中ですら振り落とされてしまう、旧シリーズ以上に語らなさすぎるストーリーなうえ、過去最高といえるマーケティングをしてしまったため、フロム脳羅患前の不運な新規ユーザも多数巻き込まれてしまったのではないかなと思います。

個人的には、ミッション前のブリーフィングや企業同士のいざこざといったバックボーンなど、フロム脳を盛り上げる小さいながらもピリリと効くスパイス要素が省かれたのも物足りなさの要因じゃないかなぁと思います。

統率力・索敵力の差がモロに出るチーム戦・オペレーターシステムや、OVWなど光るものも多いので、この痛みをバネに次回作は期待したいです。

アメコミ映画ラッシュ

http://www.youtube.com/watch?v=oNta26U3dn8

今年は過去類を見ないほどのアメコミ映画豊作の年でした。しかも夏のごく短期間に集中して。

スパイダーマンは旧シリーズが好きだった分の不安もありましたが、それを払拭して期待できそうなシリーズになってくれそうですし、アベンジャーズのお祭りっぷりもエンターテイメント作品として今年最大級に楽しめました。

ダークナイト・ライジングは、前作があまりに偉大過ぎたのでそれを超えるには至りませんでしたが、バットマン3部作の根底にあるコンセプトは変えることなく丁寧に完結されたと思います。

ダークナイトでは市民と囚人の船上の葛藤シーンが最も好きだったのですが、ブルースが守る価値ある市民の描写がライジングでは無く、主役級たちの主観だけで話が進んだので、ある意味普通のヒーロー映画になってしまったのかなとも感じます。

今後残念な点としては、配給会社的にアベンジャーズにスパイディーが合流する可能性が極めて低いってことでしょうか…まあスパイディーは展開的にシンビオート出しても全然平気な雰囲気なのでベノムにカーネイジと突っ走ってもらえれば。

風ノ旅ビト

先日読んだこちらの記事でも多くのクリエイターが挙げていましたが、自分も今年やったゲームを振り返ると、心に残るゲームというとコレが挙がるなと感じます。

ストーリーらしいストーリーは無く、文字情報もほぼ無く、3時間弱もあればエンディングに到達するゲームですが、圧倒的な映像美と音楽、一期一会型で散見する他プレイヤーの存在など、人の感情を強く惹きつけるゲームだと思います。

データや時間の量よりも「体験」の質が高いゲームを自分は好むのだと思います。

PSO2

なんだかんだで今年最もプレイし、継続してるゲームです。

ゲーム自体は以前の記事で書いたのであまり語ることもないですが、半年ほどやってきて感じるのは、運営のし方が過去やってきたネトゲの中ではトップクラスにうまいんじゃないかなと感じます。

今のところほぼ毎月飽きないレベルでアップデートをかけてきますし、アップデート時に発生しがちなバグもゼロに抑えることはほぼ不可能なので時たま発生しますが、その対処方針やユーザへの報告がしっかりしており、ユーザにとっても理不尽は少なく不満も溜まりにくく、結果的に運営も理不尽な罵詈雑言に見舞われることなく運営できてるんじゃないでしょうか。

禿Pのマネジメント能力の賜物だと思います。

レ・ミゼラブル

年末になってからいい映画に出会えることは結構多いのですが、今回のレ・ミゼラブルは傑作でした。
ホビットも観ようかなと思ってましたが、クライマックス・エンディングの流れがあまりに良すぎてその余韻を消したくなかったので、今年最後の映画はコレにしておきたいと思いました。

自分はミュージカルを劇場で観たことがないので、ミュージカル映画というのはどんなものかと不安もありましたが、主演から子役まで全ての役者の演技力がすさまじく、歌うことで感情の抑揚が強烈に増し、ミュージカルというのも良いもんだなと新たな発見を得られました。

ヒュー・ジャックマンはやはりウルヴァリンのイメージが強いので、自分の中ではアクション俳優のイメージがありましたが、今作の演技力と歌唱力は目からウロコで見る目が変わりました。やはり話題のアン・ハサウェイの歌も凄いですが、個人的にはラッセル・クロウの演技と歌声が圧巻でお気に入りです。

セリフの9割は歌なので観る人を選ぶと思いますが、新しい感動を得たい人にはオススメです。

ジョジョの奇妙な冒険

http://www.youtube.com/watch?v=KHUi90ouqmU

もう今年はジョジョです。ジョジョ元年です。大トリです。
夏は仙台ジョジョ展、秋は東京ジョジョ展、アニメもガッツリ食いついて観ており、ジョジョラーにとっては最高の一年でした。

放映が始まるまではジョジョラーにとって不安の方が強かったアニメも、ナイスな解釈や演出でファンも納得できる作品になっている点は、アニメスタッフの愛と「覚悟」に敬意を評したいッ!
後は俺たちジョジョラーの「愛=購買力」次第で、3部以降の放映も決まるであろうと思うと、気を緩めるわけにはいかない。

この一年で多くの人に黄金の精神が伝わり、また荒木先生は1年若返ったんじゃないでしょうか。
来年のASBにもすさまじく期待をしているので、ぜひ開発の方々には頑張っていただきたいと!

それではみなさま、良いお年を。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 Agnist.game