ゲームのことしか書かないブログ

レビュー:真・女神転生Ⅳ

略して真4をクリアしました。
プレイ時間にして67時間ほど。かなり久々にシングルのRPGをガッツリやりました。

ドラクエに例えれば、最初に会ったスライムがメラミを撃ってくるような、最近の和ゲーにあるまじきドM向け難易度で、後半になっても油断すれば突発的に全滅させてくれるなど楽しませてくれました。
(逆に世界樹やダークソウルなど最近の流行りなのかも知れませんが)

実際に触れるまで「3DSとか大丈夫かいな」と少なからず思ってましたが、そんな心配も杞憂で、ビジュアルに関しては真3よりも良くなったという印象。さすがに10年前のゲームと比べりゃ当然ですけど。

ひとまず一周目クリア記念での感想です。

3よりメガテンらしい

3も良作ですが、ストーリーや表現に関しては4の方がメガテンの王道らしく、かつメガテン的表現がレベルアップしたなーと感じました。

ビジュアルこそ新しいですが、 LAW / CHAOS の対立は真1・2くらいに分かりやすく、「これぞメガテン」というお約束感にオールドファンも納得できたんじゃないでしょうか。自分も納得できたし。

3は人間らしい人間がほとんど出てこなく、弱者があっさり屠られる表現もあまり無かったからだと思いますが、4は人喰いの表現がかなりの頻度で出てくるなど「人<悪魔」の絶対的な弱肉強食が存在し、終末的な絶望感とグロさが何ともメガテン的です。

戦闘時のトドメエフェクトもエグい死に方を表現するなど、他RPGだと結構ボカされてる死の表現がストレートなのもメガテン的表現だと感じます。このあたり3DSでもこういうの出せるんだなーと少し感心しました。

ストーリー感想

お待ちかね、考察ってほどじゃないですがネタバレトークさせていただきます。
自分はNルートクリアしてるので、その前提で容赦なく書きますので自己責任でおkという方は下のボタンを押してご覧ください。

いいや限界だ!押すねッ!

何はともあれ

ナンバリングタイトルとしてメガテンの王道を行き、RPGとしても充分なデキだったと思います。久々に楽しめました。

次に楽しめそうなRPGは一体何が出てくれるやら。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2020 Agnist.game